ザイタックお客様サポートセンター

ようこそ ゲスト 様

  • 取扱商品ガイド
  • 商品注文ガイド
  • 福祉制度のご案内
  • オンラインストア
  • ザイタックについて
  • よくある質問
  • お問い合せ

【1本買うとミニボトル付き】ストーマケアアクセサリー 消臭潤滑剤キャンペーン「デオール消臭潤滑剤ボトル250ml」

アンシルクご試着希望のお客様へ

初回サービス・サンプルセット

ザイタックへのアクセス

関連リンク集

閉じる

ストーマ装具の種類と特徴について

ストーマ装具(ストーマパウチ)の種類や各部位の特徴について紹介をしています。


ストーマ装具(ストーマパウチ)には様々な種類があります。

このページでは主にアルケア株式会社(国産のストーマ用品メーカー)のセルケアというストーマ装具を例に挙げ、ストーマ装具の基本的な特徴を説明しています。

※2019年4月16日 文章の加筆・修正を実施 


   ストーマ装具とは


ストーマ装具とはストーマ(手術をしておなかに作った便や尿の排出口)から排出された排泄物や分泌物をためる専用の装具のことです。

排泄物をためておくストーマ袋(パウチ)と、ストーマ袋をおなかに粘着させる面板から構成されています。

ストーマ装具とは

現在国内で流通しているストーマ装具は、主に以下6社より製造販売されています。

主要ストーマ装具メーカー

各社の詳細をご覧になりたい際は下記リンク先を参照ください。

ストーマ装具メーカー紹介 アルケア

ストーマ装具メーカー紹介 コロプラスト

ストーマ装具メーカー紹介 イーキンジャパン

 


   ストーマ装具の種類


ストーマ装具は多くの商品がありますが、大きくワンピース装具・ツーピース装具の2種類に分かれています。

 

  ワンピース装具(単品系装具)

これはストーマ袋と面板が一体になっている商品のことです。

  • ワンピース装具

メリット

①面板が軽く柔らかい。

②装着後のかさばりが少ない。

③ツーピース装具と比べ比較的安価。

④面板からストーマ袋が外れる心配はない。

デメリット

①ストーマ袋のみの交換ができない。

②装着の際はストーマ袋を通じて行うためストーマの位置を確認しにくい。

 

  ツーピース装具(二品系装具)

これはストーマ袋と面板が別々に分かれている商品のことです。それぞれを組み合わせて使用します。

ツーピース装具

メリット

〇面板をつけたままストーマ袋のみ交換することができる。

〇目的に応じてストーマ袋の種類を変えることができる。(活動時・就寝時など)

〇装着する際にストーマの状態を直接観察できる。

〇面板がストーマ周囲のシワやたるみをある程度固定し、粘着する場所が安定する。

デメリット

〇フランジ部分が外れてストーマ袋が外れる可能性がある。

〇ワンピース装具と比較して厚みがある。(面板が粘着式のタイプを除く)

〇面板とストーマ袋を組み合わせる動作があり手先の器用さが必要。

 


   面板の種類と特徴


面板とはストーマ装具を体に粘着させる円盤状の部分を指し、皮膚保護剤を中心に構成されています。

  1. [皮膚保護剤の主な役割]
  2. 〇 ストーマ装具をお肌に粘着させる
  3. 〇 排出物や汗を吸収する
  4. 〇 排出物の性質(pH)をお肌の弱酸性に近づける
  5. 〇 細菌の繁殖を抑える 
  1. ストーマから排出される排泄物や分泌物の性質や状態、そしてストーマ周囲のお肌の状態によって、面板に求められる機能は異なります。

そのため多くの種類の面板が存在していますが、主に形状・ストーマ孔・構造・耐久性の4つの軸でいくつかの種類に分かれます。

  

 3-1  面板の形状 

面板には平面型(粘着面が平ら)・凸面型(面着面が凸)の2種類の形状があります。

平面型と凸面型

平面型はストーマの高さやお肌の状況に問題がない場合にまず選択されます。

凸面型は以下のような状況の際に選択されることが多いです。

  1. [凸面型が選ばれる状況]
  2. 〇 ストーマの高さが低い
  3. 〇 ストーマがお腹に埋もれている
  4. 〇 ストーマ周囲のお肌に深いシワやくぼみが多い 

ただし凸面型にも多くの種類があります。例えば凸部分の高さにおいても3mm~13mmまで種類があり、凸部分のなだらかさにも違いがあります。

したがってストーマの状況・お肌の状況に合わせて、適切な凸の高さ・形状を見極めて選択する必要があります。

凸面の違い 

 

また凸面型の一種にやわらかい凸面型があります。これは通常よりも凸部分が柔らかく肌に密着しやすくなっているものです。

やわらかい凸面のイメージ

  1. [やわらかい凸面型が選ばれる状況]
  2. 〇 よく外出や運動をする
  3. 〇 今まで平面型を使っていて問題なかったが漏れが発生しだした
  4. 〇 凸面装具を使っているがお腹への違和感を感じる 

以前は数社しか販売していませんでしたが、今は主要ストーマ装具メーカー全てでやわらかい凸面型の面板を搭載したストーマ装具を販売していますので、安心してお選び頂けます。

やわらかい凸面型装具

ストーマ装具を探す

 

以上のとおり面板の形状は2種類ですが、コロプラストより凹面型の面板を持つストーマ装具が販売されています。

  1. [凹面型の面板が選ばれる状況]
  2. 〇 ストーマ周囲がふくらんでいる
  3. 〇 ヘルニアが起きている 

面板が立体的な星型にプレシェイプされており、ふくらんだお腹にもシワや隙間を作らずしっかり密着します。
「センシュラミオ1コンケーブ」「センシュラミオ2コンケーブプレート」の画像

 

 3-2  面板のストーマ孔 

面板にはストーマ孔という中央部に開いている穴があります。この穴が既製孔・自由開孔・自在孔 3種類に分かれています。

まず既製孔とは、ストーマ孔があらかじめ決まった大きさにカットがしてある商品です。一般的に「プレカット」と呼ばれています。

平面プレカットと凸面プレカット

  • メリット

    〇面板をカットする手間が省ける。

    〇指先が不自由な場合やハサミが使用できない場合でも装具交換がしやすい。

    〇皮膚保護剤リング・スティックと併用し正円ではないストーマにも対応が可能。

    デメリット

    〇楕円形などのストーマには対応しにくい。

    〇ストーマのサイズがまだ変化している時期には適さない。

    〇ストーマの大きさによっては対応するサイズがない可能性がある。

  

次に自由開孔とは、ストーマ孔をストーマの大きさに合わせ自由にカットできる商品です。一般的に「フリーカット」と呼ばれています。

※メーカーによってフリーカットの呼び名が異なります(ホリスターだとお好みカット・コンバテックだとカスタムカット)

平面フリーカットと凸面フリーカット

    • メリット

      〇どんな形状のストーマにも合わせられる。

      〇ストーマのサイズが変化している時期でも使用できる。

      〇サイズの大きいストーマにも対応できるラインナップがある。

      デメリット

      〇指先が不自由だったり視力が悪い場合は使用しずらいことがある。

      〇カット時にハサミの先でストーマ袋の内側に穴を開けてしまう可能性がある。(ワンピース装具の場合)

      〇正しくカットができるようになるまで慣れが必要。

  

そして自在孔とは、ハサミでのカットが不要で指で容易にサイズ調整ができる商品です。

指で拡げてハサミ不要

      • メリット

        〇面板をカットする手間が省ける。

        〇ストーマのサイズが変化しやすい時期にも社会復帰用装具として使用できる。

        〇正円形に加え楕円形のストーマにも使用できる。

        デメリット

        〇ラインナップがそれほど多くない。

        〇指で調整できるが既定のサイズがあるので、それに合わなければ使えない。

        〇他に比べると値段が高い。

自在孔のストーマ装具はダンサック・ホリスター・コンバテックの3社から発売されています。

  1. [ダンサック]
  2. 〇 ノバ1フォールドアップX3X5
  3. 〇 ノバ1イレオストミーX5
  4.  
  5. [コンバテック]
  6. 〇 エスティームモルダブル
  7. 〇 ナチュラのモルダブルシリーズ
  8.  
  9. [ホリスター]
  10. 〇 ニューイメージFFFテープ付

 

 3-3  面板の構造 

面板には面板の全面が皮膚保護剤のタイプ・面板の外縁部にテープが付いているタイプの2種類の構造があります。

面板の構造

面板の外縁部にテープが付いているタイプは、主に以下のような場合に選択されることが一般的です。

  1. [外縁部にテープ付きな面板が選ばれる状況]
  2. 〇 ストーマ周囲が膨らんだり、深いシワがある
  3. 〇 面板をつけるスペースに制限がある
  4. 〇 排泄物の状況を考えてより耐久性が欲しい

   

3-4  面板の耐久性 

面板の耐久性とは皮膚保護剤がどのくらいお肌に密着していられるかということです。

ストーマ装具には装着できる期間の目安が設定されていますが、この期間は各社共通ではなく独自に設定したものです。最短で1日から最長で1週間程度まであり、呼び名についても「交換日数」や「貼付期間」など様々です。

また汗をよくかく夏場・面板が冷えてしまう冬場だと、面板の耐久性は変わってきます。

[例]アルケアのストーマ装具の場合

セルケアシリーズ

基本2~5日

ユーケアシリーズ

ワンピース装具は2日

ツーピース装具は3~5日

イレファインシリーズ

2~3日

季節によって気をつける点について確認したい場合は、下記リンク先を参照ください。

さわやか通信vol.3

さわやか通信vol.5

  


   ストーマ袋の種類と特徴


ストーマ袋は、主に排出口の形状・ストーマ袋の色・ガス抜きフィルターの有無の3つの軸でいくつかの種類に分かれます。

 

 4-1  排出口の形状 

ストーマから排出される排泄物は、消化管ストーマでは便、尿路ストーマでは尿です。また消化管ストーマの中でも結腸ストーマ(コロストミー)では固形~軟便、回腸ストーマ(イレオストミー)では泥状~水様便が排出されます。

その違いに合わせてストーマ袋の排出口の形状は異なっています。

 

消化管ストーマの場合

排出口の形状は開放型(便を排出する口が開いている)・閉鎖型(便を排出する口がない)の2つに分かれます。このうち開放型にはマジックテープを折り返し開閉するタイプ・キャップで開閉するタイプ・クリップで開閉するタイプの3種類があります。

消化管ストーマの排出口

結腸ストーマ(コロストミー)の場合はマジックテープを折り返し開閉するタイプが選択されることが多いです。

また一時的にストーマを造設された方は水分を多く含んだ泥状~水様便が排出されることが多く、キャップで開閉するタイプが選択されることがあります。

 

尿路ストーマの場合

排出口の形状は管状になっており、コックで開閉するタイプ・キャップで開閉するタイプの2種類があります。

尿路ストーマの排出口

また尿路ストーマ用のストーマ装具には接続管が付属されています。

接続管

これは尿路ストーマ用のストーマ装具とレッグバッグ(外出時や就寝時などに使う外付けの蓄尿袋)を接続する際に使用します。接続管は基本的にはメーカー間での互換性がないため、ご使用されているストーマ装具に付属の接続管を使用してください。

    

 4-2  ストーマ袋の色  

ストーマ袋の肌に付着する側については基本的に不透明・肌色ですが、外側に関しては透明・不透明・肌色があります。

ストーマ袋透明 ストーマ袋 肌色

基本的には、ストーマの状態を観察する為に中の様子が観察しやすい透明を選びます。

ワンピース装具を使用している方で、ストーマ装具の装着に慣れてきた上でストーマ袋内の様子を見たくないという方は、肌色・不透明の装具を使用することがあります。

  

 4-3  ガス抜きフィルターの有無 

消化管ストーマ用のストーマ装具には、ストーマ袋のにおい軽減やガス抜きをするためのガス抜きフィルターがついています。

(一部商品にはついておらず、また尿路ストーマ用のストーマ装具にはついていません)

ストーマ袋フィルター

ガス抜きフィルターは、フィルターの形状・防水機能の有無・消臭能力がメーカーごと異なります。例えば入浴する際にガス抜きフィルターの上にシールを貼る必要がある物とそうでない物があります。

アルケア ガス抜きフィルターダンサック ガス抜きフィルター

   


   ストーマ装具を変更する際は


  ストーマ外来の受診をおすすめします 

ストーマやストーマ周囲のお肌の状態は個人ごと全く違うため、患者さんにとって最適なストーマ装具も異なります。

そのためザイタックでは、各病院のストーマ外来を受診し専門の医療従事者(皮膚排泄ケア認定看護師)の方に相談しストーマ装具を変更することを推奨しています。

なぜストーマ外来の受診を推奨しているのかについては、下記リンク先をご参照ください。

さわやか通信vol.9 ストーマ装具(パウチ)が合わないと感じたときは

 


その他の取扱商品についてはこちらから

トップページへ