ザイタックお客様サポートセンター

ようこそ ゲスト 様

  • 取扱商品ガイド
  • 商品注文ガイド
  • 福祉制度のご案内
  • オンラインストア
  • ザイタックについて
  • よくある質問
  • お問い合せ

ザイタック看護師向けストーマケア院内勉強会のご提案

アンシルクご試着希望のお客様へ

初回サービス・サンプルセット

ザイタックへのアクセス

関連リンク集

閉じる

  • ザイタックHOME
  • 新着情報 一覧
  • 【本キャンペーンは終了しました】ストーマケアアクセサリーの皮膚被膜剤「プロテクトバリアフィルムスプレー」

新着情報

お客様へ

【本キャンペーンは終了しました】ストーマケアアクセサリーの皮膚被膜剤「プロテクトバリアフィルムスプレー」

2021.03.30

コヘーシブキャンペーン


 キャンペーン内容 

製品名 ⇒プロテクトバリアフィルムスプレー50ml キャンペーン

品番 CP839026

価格 ※本キャンペーンは終了しました。

期間 ※本キャンペーンは終了しました。


 1  皮膚被膜剤「プロテクトバリアフィルムスプレー」とは?


 ポイント  プロテクトバリアフィルムスプレーの用途

ストーマ周囲の皮膚を、滲出液、消化液、粘着剤から保護治療ではなく予防に用います

 ポイント  プロテクトバリアフィルムスプレーの特徴

 特徴1   耐久性に優れた快適な被膜を形成します。

 特徴2   アルコールフリー、塗布時に痛みを伴いません。

 特徴3   最新のシリコンテクノロジーを使用し皮膚に刺激を与えません。

 特徴4   さわやかなスペアミントの香りです。

 特徴5   ビタミンEが皮膚の状態を整え潤いを保ちます。

 特徴6   塗布後、数秒間で乾くので速やかにストーマ装具を貼付できます。

 特徴7   逆さにしても噴霧でき、どのような部位にも使用可能です。

 特徴8   スプレーは最後まで使い切れます。(残りません)


 2  「プロテクトバリアフィルムスプレー」の使用方法


保護する部分を清潔にし完全に乾かします。

バリアフィルムスプレーを皮膚に吹きかけます。

数秒待ち皮膚を乾かし、装具やテープを貼付します。

 注意  皮膚がかぶれている場合は使用できませんので、医療機関への相談をお勧めします。


 3  「プロテクトバリアフィルムスプレー」のQ&A


 Q1  プロテクトバリアフィルムのスプレーは1度にどれくらい使えばよいですか?

  A    ストーマ周囲の皮膚を保護するためには約2秒の噴射が推奨されています。この商品のメリットは、排泄物や粘着剤(面板)の剥離刺激から皮膚を守ることです。面板が貼付される皮膚のエリアに噴霧します。スプレー噴射後、数秒待ち、乾いてから新しいパウチを貼付してください。

 Q2  プロテクトバリアフィルムを使用する前に皮膚をきれいにしておく必要はありますか?どのような方法で皮膚をきれいにすればよいですか?

  A    使用する前に、温水を用いて皮膚をできるだけきれいにして、乾かしてください。剥離剤が手元にあれば、パウチを剥がす時に使用し、ワイプタイプでパウチの残りを拭き取ることもおすすめです。

 Q3  プロテクトバリアフィルムを使用する前に皮膚は乾いていなければなりませんか?

  A    プロテクトバリアフィルムが、その機能を発揮するには皮膚は乾いていなければなりません。また皮膚が湿っていると新しいパウチの貼付の妨げになります。

 Q4  プロテクトバリアフィルムを使用した後、洗い落とす必要はありますか?

  A    その必要はありません。パウチの装着している間、皮膚に留まるように作られています。パウチを交換する際に、皮膚の剥がれを防ぐために、プロテクトバリアフィルムは代わりに除去されます。プロテクトバリアフィルムの残りは、新しいパウチを貼付する前のストーマ周囲の洗浄の際に除去されます。もし多少プロテクトバリアフィルムが皮膚に残っていたとしても、それは新しいパウチの貼付に悪影響を与えません。

 Q5  プロテクトバリアフィルムの効果はどの位維持しますか?

  A    プロテクトバリアフィルムのシリコンの微粒子の膜は、パウチの貼付している間は皮膚に留まり皮膚を保護するように設計されています。

 Q6  プロテクトバリアフィルムはシリコンの微粒子がバリアを形成し皮膚を保護するとのことですが、そのことでパウチや皮膚保護シールの粘着力を弱めたりしませんか?

  A    パウチや皮膚保護シールの粘着を弱めることはありません。塗布して数秒で乾きパウチやシールの粘着を弱め無いように設計されています。

 Q7  プロテクトバリアフィルムは、ストーマケアや医療用テープからの皮膚を保護することにしか使えないのですか?

  A    ストーマケアに関して粘着剤から皮膚を守るために作られましたが、それ以外にも、創傷ケアの際に傷口からしみだす浸出液や粘着剤から皮膚を保護すること。失禁ケアの際に便や尿による皮膚のダメージを防ぐためにも使えます。

 Q8  プロテクトバリアフィルムは粘膜の保護に使用することはできますか?

  A    ストーマ周囲の皮膚保護が目的であり、粘膜の保護は期待できません。ただし、もし誤って粘膜に塗布されたとしても粘膜に害は与えません。

 Q9  プロテクトと同じイーキン社の剥離剤リリースの成分組成は似ていますが、その作用にはどのような違いがあるのですか?

  A    2つの製品に共通な3つの主成分は、ヘキサメチルジシロキサン、ビタミンE、スペアミントです。リリースは、パウチやシールの粘着剤を皮膚から除去して、乾き、皮膚に残りません。プロテクトは、3つの主成分に加え、別のシロキサン溶媒を含み保護膜が皮膚に残るように設計されています。


<オンラインストアでプロテクトバリアフィルムスプレーをご購入される場合はこちらから>

トップページへ